スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイガー・ウッズ 全米オープン選手権優勝

ゴルフニュース
06 /17 2008
タイガー・ウッズ 全米オープン選手権優勝


男子ゴルフの全米オープン選手権が、米カリフォルニア州サンディエゴのトーリーパインズGCで行われました。
4日間では勝負が付かず、タイガー・ウッズとロッコ・ミーディエートのプレーオフになりました。
二人のプレーオフは18番ホールでバーディーを奪ったタイガー・ウッズが追いつき、19ホール目でタイガー・ウッズはパー、ロッコ・ミーディエートはパーパットを外しボギーとして決着がしました。

タイガー・ウッズはこの全米オープン優勝で、四つのメジャー大会すべてで3勝以上する「トリプル・グランドスラム」を達成しました。


タイガー・ウッズはひざの手術をして復帰戦でしたが、見事にメジャーで優勝しました。ひざの痛みでボールコントロールが上手くいかずに苦戦していましたが、アプローチと神がかり的なパットを何個も決めていましたね。

タイガー・ウッズのデビュー当時の強さは圧倒的な飛距離でしたが、全米オープンを見るとアプローチとパットの技術力がすごいですね。常に他のまねのできない物を持っているこれがタイガー・ウッズの強さだと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

kazu

【趣味】 ゴルフ、将棋

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。