FC2ブログ

ヨネックス・レディス 不動裕理優勝

ツアー
08 /26 2007
ヨネックス・レディス 不動裕理優勝

ヨネックス・レディス最終日が行われ2日間単独首位の不動裕理が69で回り、通算12アンダーの204で完全優勝しました。今季2勝目でツアー通算42勝目。賞金1080万円を獲得です。

不動選手のコメントには「国内は久しぶりの試合だし、最近優勝していないのでチャンスをものにしたいなと…。とにかくきょうは勝ちたかった。賞金女王にはこだわっていないけれど、出る試合は優勝目指して頑張ります」とありました。

不動選手調子はいいみたいですね。最近では、常に上位に顔を出してきます。
賞金女王の可能性がありますね。

そのほかの選手の順位
2位上田桃子、4位横峯、5位タイ宮里美香(沖縄・興南高のアマチュア)佐伯三貴
スポンサーサイト



丸山茂樹 今季最高順位

ツアー
08 /21 2007
丸山茂樹 今季最高順位

米男子プロゴルフツアーのウィンダム選手権で、丸山茂樹が通算17アンダーで今季自己最高の7位に入りました。

今季から導入のプレーオフ出場を決める通算ポイントは140位に上がり、上位144人による23日からのプレーオフ第1戦、ザ・バークレイズへの出場権を獲得しました。

ようやく、丸山茂樹選手の名前がニュースなどの登場しましたね。
今期は米ツアーに本格参戦して8年目で、左ひざの痛みが引かず予選落ち11度、棄権は4度で、目立った活躍がなく心配していましたが、なんとかプレーオフに出場できる順位になりました。

とにかく、来期のシード権獲得を目指して頑張ってほしいです。

横峯さくら 新キャタピラー三菱レディースで優勝

ツアー
08 /20 2007
横峯さくら 新キャタピラー三菱レディースで優勝

新キャタピラー三菱レディース最終日が行われ、横峯さくら選手が3バーディー、2ボギーの72で通算13アンダーで優勝しました。初日からトップで完全優勝で今季2勝目です。

先々週の全英でまさかの予選落ち、大舞台に強い横峯さくら選手としては大変悔しい思いをしたと思います。
しかし、全英では世界で戦うために必要なことを学んだのでしょう。今回の優勝は、一回り大ききなったと思います。

ゴルフの話題は、アマチュアゴルファーの石川遼選手で持ちきりですが、今後プロ選手の活躍しだいで変わってくると思います。

横峯さくら選手には、3勝目更には賞金女王を目指して頑張ってほしいですね。


石川遼君 ゴルフの日本ジュニア選手権第2日

ツアー
08 /17 2007
ゴルフの日本ジュニア選手権第2日

ゴルフの日本ジュニア選手権第2日は8月16日、埼玉・霞ケ関CCで行われました。
男子15~17歳の部で石川遼(東京・杉並学院高)が前日と同じ68とスコアを伸ばし、通算6アンダーの136で首位。

石川遼君はこの日4バーディー、1ボギーで2位の大槻智春(茨城・鹿島学園高)に2打差を付け、大会初優勝に前進。

2日目も頑張りましたね。プロが顔負けするほどの落ち着きがあります。
この感じだと大きくスコアを崩すことはないでしょう。

プロトーナメントで優勝して依頼の優勝は目の前です。最終日も良いスコアを出して優勝してください。応援しています。

石川遼君 日本ジュニア選手権

ツアー
08 /16 2007
石川遼君 日本ジュニア選手権

ゴルフの日本ジュニア選手権第1日は8月15日、埼玉・霞ケ関CC東コース(パー71)で男子15-17歳の部が行われました。
今回注目の史上最年少の15歳でプロツアー大会を制したハニカミ王子こと石川遼君は3アンダーの68をマークし、2位に1打差で単独トップに立ちました。

石川遼君は好調なドライバーショットを武器に6バーディー(3ボギー)の成績です。男子15-17歳の部は3日間競技で、2日目を終えて60位までの選手が17日の決勝に進みます。

男子ゴルフ界のハニカミ王子 石川遼君が頑張っていますね。プロトーナメント優勝以来、男子ゴルフ話題の中心にいますね。 
期待されて少し精神面で落ち着きがない感じがしていましたが、こんな状態でも実力を発揮できるところがすごいですね。並の選手とは違います。優勝目指して頑張れ。

石川遼 高校ゴルフ団体戦

ツアー
08 /08 2007
石川遼 高校ゴルフ団体戦

ゴルフ全国高校選手権・団体の部最終日が行われました。石川遼君の杉並学院高は、薗田峻輔君が2日とも66でしたが首位と6打差の7位に終わりました。

石川遼君は二日目はOBを3つ叩いて、1オーバーの73でした。優勝するためにはアンダーパーで回りたかったですね。でもまだ1年生です。来年も再来年もあります。

個人戦は9,10日に行われます。プロのゴルフトーナメントで優勝した時のように攻めの気持ちを忘れずに、全てのホールでバディーを狙ってほしいです。そして最後に遼君スマイルを見せてほしいですね。

全英女子オープン 最終日結果

ツアー
08 /06 2007
全英女子オープン 最終日結果

今年の全英女子オープンは日本人選手の活躍が目立ちましたね。
最高順位は7位タイの佐伯三貴選手でした。佐伯三貴選手は現役の女子大生(東北福祉大4年生)です。昨年の日本ツアーのQT42位で今季からツアーに参戦して、プロ転向112日で初優勝した実力の持ち主です。今後の活躍が期待できますね。

不動裕理選手は11位タイの好成績でした。20位以内に与えられるシード権を獲得しました。最近の日本ツアーの調子からすると、全英はどうかなと思っていましたが、やはり実力者ですね。

私が一番期待していた上田桃子選手は、トータル13オーバーの55位タイでした。この全英の悔しさをばねにして、頑張ってもらいたいですね。

なお、優勝はロレーナ・オチョア選手でした。世界ランク1位で昨年のアメリカツアーの賞金女王でしたがメジャー大会未勝利でした。これで、メジャー大会に優勝して、また一つ成長すると思います。

全英女子オープン

ツアー
08 /01 2007
全英女子オープン

今年の女子プロメジャー最終戦の全英女子オープンが8月2日から始まりますね。参加選手は、宮里藍、横峰さくら、昨年の国内賞金女王の大山志保、エビアン・マスターズで6位の上田桃子の各選手です。

日本女子プロ選手がメジャーの大会で優勝するところを見てみたいですね。メジャーの大会で優勝者が出るとサッカーみたいに日本全体が盛り上がる可能性があります。ぜひ参加選手には頑張ってもらいたいです。

全英女子オープンの予選ラウンドの組み合わせは、宮里藍選手は、クリスティ・カー、ナタリー・ガルビス、横峯さくら選手は、ロレーナ・オチョア、カレン・スタップルズ、上田桃子選手は、朴セリ、ポーラ・クリーマーの各選手となりました。
名前負けをしないように、頑張ってください。

kazu

【趣味】 ゴルフ、将棋